オランクとは

(株)オランクは東洋町に新たな観光産業を生み出す会社として開業しました。

前身はダイビングサービス オランクダイバーズで甲浦に1996年にオープンし、主にダイビングスクール、ファンダイビング、体験ダイビングなど海を舞台とした観光サービス業を手がけてまいりました。

2014年度より高知県東部の自然、文化、人々を様々角度から紹介し観光産業として起業すべく(株)オランクへと法人化いたしました。

主な業務は従来通り スキューバダイビングサービス(週末のみ営業) スタンドアップパドルボートを使った「東部水辺旅GEO・SUP」等のマリンレジャーサービス。


そして現在一番力を入れて取り組んでいるのが観光サービスを通じて培ってきた地域観光プランナーのとしての活動「地域観光コンサルタント」です。
これは地域に根付く一次産業や田舎ならではの遊び方をマネジメントし、新たな観光産業を造成していく仕事です。
地域ならではのオンリーワンを探し、観光商品化していくまでのお手伝いを最新のコンテンツ・マーケティングを駆使しながら生産者または協力者様と協働で進めてまいります。

また水中写真家として培ってきた撮影、編集のノウハウを生かし、東部地域の自然や文化を映像発信する「TOYO-TVチャンネル」を開設しました。
地域には埋もれたコンテンツが沢山ありながら世に知られていない場合が多々あります。これは「メディア・マーケティング」が上手く活用できていないからなのです。
田舎ならではの「オンリーワン」を映像により配信していく、しかもそれはその情報を待っている人に確実に届ける・・・これが「TOYO-TVチャンネル」使命であると考えています。

この観光に関するコンサルティングにはインターネットを活用した「webマーケティング」が必要不可欠です。個人的にパソコンを使うことが趣味でオランクダイバーズのホームページは1996年に立ち上げました。Windows95が浸透し始め、インターネットという言葉が世に出始めた頃の話です。その頃メディアを使わず情報発信する方法は数少なく、安価で簡単に発信できるインターネットの魅力にすっかりはまりました。
今ではインターネット上には様々な情報が配信されていますが、発信する情報は必要とされる人に届いていないのが現状です。とくに田舎観光商品はそのようなマーケティングが行われていないので顕著に表れています。
ホームページの中に様々な仕掛けを伏し必要な情報を効果的に届けることが田舎観光ビジネスに課された課題だと思います。

今後は飲食サービス、人材派遣サービスなども広げて行く予定ですのでご期待ください。